バッグを修理に出す場合、全てのバッグが要望通り、また、新しい状態の時と全く同じ状態に戻るとは限りません。ここでは、バッグの修理に関する注意点について、ご説明します。

 

革製品は天然物である為、全く同じ素材や模様は存在しません。収縮性もあり、非常にデリケートな素材です。ですから全く同じ状態のものを用意する事は出来ず、寸法にも多少の誤差が生じる事があります。染め直した場合も同様に、同じ状態に染め上がる事はありません。また、染料を使用する事で、多少の臭いが生じる事があります。その他にも部品交換や製法、カットでも同様に、特別な縫い方やカットの場合、出来るだけ似せて行いますが、全く同じ状態にならない場合があります。部品などでも、海外製のものや現在取り扱いの無いものですと、用意する事は出来かねます。似た形状のものでの対応となりますので、ご了承ください。

 

バッグを修理しても、使っていくうちに必ず劣化します。修理、交換する前にバッグの状態をチェックし、バッグの状態やお客様の要望に合わせて制作してきますが、修復が難しい場合は、現状に出来るだけ近い形状や色を再現するようにし、必ずお客様に確認をします。尚、修理に入ってからのキャンセルは受け付けられないので、ご注意ください。

Pocket